『小鍛冶』10号 2021年春

『小鍛冶』10号 2021年春

稲荷明神

『知盛』 20号 2021年

『知盛』 20号 2021年

義経千本桜『知盛』 三大名作の1つ義経千本桜より 平家一門が壇ノ浦合戦に敗れ安徳天皇らが海へ身を投げたときの様子などは平家物語に詳しく記されている。 知盛もその身がうかないように鎧を重ね着して海へ飛び込んだと言う。 碇を抱いての最後はそれらの故事を踏まれている。 絵の場面は碇をもつ前の様子

『お初 徳兵衛』 100号 2021年

『お初 徳兵衛』 100号 2021年

曽根崎心中 天満屋の段 店に来た友達の九平次がお初の前で徳兵衛をなじり我慢のならないお初は反論しながら縁の下に隠した徳兵衛に今宵一緒に死ぬと言う心中の覚悟を伝える。 そして2人は店を抜け出し曽根崎の天神森で命を立つ

『お初 徳兵衛』 蓮めし 20号 2016年

『お初 徳兵衛』 蓮めし 20号 2016年

曾根崎心中 お初と徳兵衛は馴染みを重ねた深い中。 しかしここのところお初のいる天満屋に足を運んでいなかった徳兵衛は生國魂神社で偶然出会った、お初に不満を漏らされる場面

『冬姫』 2020年

『冬姫』 2020年

日野城城跡の看板に採用

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now